妊娠初期のひどい便秘

妊娠初期のひどい便秘、実は妊娠中、ずっと続きます

妊娠で、ひどい便秘に悩まされている方も多いと思います。

 

妊娠すると、普段は全然便秘に悩んだことのない方でも、便秘になったりするんですね。

 

というのも、妊娠すると、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」が通常時の20倍も出るために、次の2つのことが起こるためです。

 

  • 腸から水分をたくさん吸収するようになる
  • 腸の動きが鈍くなる

 

そのため、出産するまでの間、ずっと便秘に悩まされることになるわけなんですね。普通の方でも2〜3日便秘になりますし、ひどい方だと、1週間くらい便秘になることもあります。

 

しかし、きちんと便秘対策すれば、妊娠中の便秘も、それほどひどくはならないものです。でも、妊娠中の便秘対策を知らない方も多いので、中には、指でほじくって出す方とかも、いたりするんですねΣ(・∀・;)

 

妊娠初期のひどい便秘への対策、NGなこと

 

妊娠中の便秘対策は、一般的な対応ではNGです。特に、普段の便秘対策としてよく行われる次の2つの方法は、妊娠中はしない方がいいので注意しましょう。

 

  • マッサージをする
  • 食物繊維を取る

 

マッサージをすると、妊娠初期の場合は流産の危険性が高まります。また、妊娠後期の場合は、早産の危険性が高まります。

 

食物繊維は、通常は腸で膨らんで排便を促すんですが、妊娠中は、腸の動きが鈍くなり、水分も不足しています。そのため腸の中で、交通渋滞を起こしている状態なわけなんですね。そんな状態のときに、食物繊維を取ってしまうと、腸の中の渋滞がさらにひどくなって、苦しさ倍増ですΣ(・∀・;)

 

妊娠初期のひどい便秘への対策、OKなこと

 

妊娠中の便秘は、次の2つの原因で起こるので、それに即した便秘対策を行います。

 

  • 腸の水分が少なくなる:水分をたくさん取る
  • 腸の動きが鈍くなる:腸内の善玉菌を増やす

 

妊娠中は、特に羊水でも大量の水分が使われるため、水分不足になりやすい状態です。そのため、1日2リットル以上の水を飲むようにしましょう。

 

妊娠中はカフェインはなるべく取らない方がいいので、カフェインレスの麦茶なんかも、オススメです。

 

また、善玉菌を増やすためには、オリゴ糖を取るようにします。腸を活発にする方法として、乳酸菌やヨーグルトのビフィズス菌を取るよう勧めているサイトもありますが、実際は、乳酸菌やビフィズス菌をとっても、99%以上が胃酸にやられて死滅してしまいます。

 

また、ヨーグルトは結構カロリーが高いので、バクバクと食べていると、便秘は治らないのに体重はどんどん増えて太ってしまうという、悲惨な状況になってしまいます。

 

そのため、腸内の善玉菌を増やすのにオススメなのが「オリゴ糖」なわけです。

 

「オリゴ糖」は、直接腸内に届き、腸内の中の善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やすんですね。元々、腸内にいる善玉菌を増やすという発想なので、胃酸でやられることもなく、順調に善玉菌が増えていくわけです。

 

また「オリゴ糖」自体は、天然の食品なので、妊娠中でも安全に使えるのも魅力です。

 

ただし、「市販のオリゴ糖」の中には、「オリゴ糖」以外のものも含まれていて、妊婦さんには向いていない商品もあるので、選ぶときは注意しましょう。「オリゴ糖がほぼ100%」で、妊娠中でも安全に使える「オリゴ糖」として人気の商品には、「カイテキオリゴ」があります。

 

 

 

妊娠初期からのひどい便秘に人気の

『カイテキオリゴ』公式通販サイトはこちら

↓ ↓ ↓